ごあいさつ

出会い、ふれあい、響きあい そして感謝

クリス音楽院院長 栗栖 勝栄

音楽は世界中の人々の心をつなぐ素晴らしい芸術です。

心を癒し、暗い出来事や悲しい事をも乗り越えられる不思議な力を持っています。

生まれ育った高岡の地に「個性ある幅広い音楽の世界を」と、 1982年大きな夢を抱いて立ち上げたクリス音楽院ですが、 お蔭様でもう30年目を迎えます。これもひとえにクリス音楽院に在籍下さる方をはじめ、ご家族の皆様や、地域の方々のご理解とご協力があってこそと、深く感謝いたしております。

創立時、子ども達には音楽の基礎学習としてリズム感や豊かな感性を育てることが重要であると感じ、いち早く身体・頭脳・心の発達を促す「楽しい音楽遊び」リトミックを取り入れました。富山県でのリトミックはクリスが草分けといっても過言ではないと思っています。

そして「リトミック」はクリス音楽院の大きな個性となりました。

クリス音楽院は 昨年二十五周年を迎えた「特定非営利活動法人・リトミック研究センター」の富山第一支局としても、活動させていただいております。

幼稚園、保育園などでの課内リトミック指導を始め、短大の音楽科・幼児教育科や、専門学校の学生対象授業、指導者のためのリトミック講習会などでも、北陸3県に広がって各地で好評を得ています。

当時、お母様方になかなか判ってもらえない「リトミック」でしたが、現在ではリトミックは、どこでやっていますか?という問い合わせが多くなりました。

響きあう、ふれあう、そのために大切なのは出会いです。

ひとりでも多くの人と出会い、これからの時代を担う大切な子ども達の豊かな感性を育てるためにますます個性ある「クリスワールド」を目指していきたいと思います。

理念

事業内容
教育・文化がより自由に、わかりやすく、文化的に学べる環境を実現する
事業目標
知識・技術を支援することで知的で豊かな人間社会を創造する
行動指針
音楽を中心に、幅広い知識や技術を提供し続ける
企業目的
地域に密着し、社会に大きな存在感を持ち、誰からも親しまれる企業となる
教育
文化がより自由に、わかりやすく、文化的に学べる環境を実現する

次のページ